補助金を活用した中小企業の動画制作(人材確保支援費補助金)

今日は人材確保を目的とした、補助金を活用した中小企業の動画制作について少し。

人材確保支援費補助金(長崎市)

現在(※2021年10月5日時点)長崎市のほうでは、人材確保支援補助金として
「市内中小企業者等の人材確保を目的としたSNS等での広告、企業PR動画の制作、就職イベントへの参加などに係る経費の一部を支援します。」
といった補助金の支援がおこなわれています。※人材確保支援補助金

具体的な補助の対象となるのが、
1.SNS等広告事業
2.PR動画制作事業
3.就職イベント参加事業

SNSやインターネット・テレビなどを活用した広告費だったり、企業のPR動画制作やパンフレットの制作費、企業説明会参加に伴う経費(交通費・宿泊費)など
人材確保を目的とした活動に対して支援されている補助金です。

※補助の対象となる条件に「Nなび」への企業登録をおこなっているなどがあります。

企業の人材確保に伴う活動には少なからず費用がかかってしまう中、とてもありがたい支援だと思います。
コロナウイルスの影響もあり、面接をオンラインにせざる得なくなったり、インターンシップの内容や方法を再検討したりなど企業の人材確保は大きく変わってきています。
そんな中、どうやって自社の雰囲気をうまく伝え、アピールし、さらには人材のターゲティングを行っていくのか?

今回の人材確保支援費補助金の対象にもなっていますが企業PR動画を使いましょう。

企業のPR動画の役割

企業のPR動画ですが、今後ますます活用の機会が増えてくると思っています。といいますか、動画があったほうが学生さん達にとっては単純にありがたかったりしますよね。
自分がエントリーや応募を検討している会社のホームページは勿論ですが動画も探しています。
実はYouTubeで会社名を検索する人もとても多く存在します。

なぜ動画を探すかといえばやはり、写真や文字では知ることの出来ない動画でしか伝わらない会社の雰囲気やどんな人がどんな仕事をしているのか。
動画見るとイメージしやすく、そして自分が働いているところも想像がしやすかったりもします。
さらに学生は『この会社は就活生のために動画まで用意してくれていてちゃんと考えてくれている会社なんだ』と思ってくれることもあります。

学生との交流イベントでも使用されている動画

長崎市では年内に「NAGASAKIしごとみらい博 2021」が実施される予定となっています。

開催の目的は、

学生生活の早い段階で地元企業の魅力や地域への貢献度を知ることで、将来、長崎で暮らし働くことを選択するきっかけとなり、またインターンや交流会などイベント後の学生と企業の繋がりを通して、将来的な県内就職率の向上に繋げることを目的とする。

NAGASAKIしごとみらい博 2021

イベントは学生さんと企業の交流会で、対面とオンラインの両方が開催されます。

このNAGASAKIしごとみらい博にエントリーする際も、各企業が自社のPR動画を準備することになっています。

やはりオンラインでの人材確保に向けた活動に、PR動画は効果的かつ欠かせないものとなってきていると思っています。

支援金・補助金・助成金を活用して会社の動画を制作してみませんか?

コロナもあり現在はさまざまな支援策が実施されています。
各自治体や地域の商工会などでも独自の支援が行われています。

補助いただける機会に、初めての会社のPR動画の制作など検討されてみてはいかがでしょうか?
制作するメリットはたくさんあると思います。

社員の顔出しに抵抗があるなどあるかと思います。そんな時はアニメーション動画を使うことも可能です。
キャラクターによる事業内容の説明や職場の案内など、PR方法は色々とございます。

長崎の企業さんの動画取り入れは、全国と比較すると正直まだまだ遅いと思っています。
そしてそんな中だからこそ、他の地元企業との差別化にもなったりします。

補助金申請に伴う見積り書の作成や、各種資料の作成などもし協力が必要でございましたら相談くださいませ。

会社の魅力や商品の魅力をPRする動画制作は、アニムブ長崎まで。