地方(長崎)のYouTube広告集客の現状とチャンスという考え方

YouTube動画、皆さま見てますでしょうか?動画を再生する前に出てくるいつものスキップ可能な広告・・・見てますか?スキップしてますか?
「長崎にお住いの~」とか「観光通り沿いの~」とか、一見怪しい?と思うよな広告について今日は少し。

最近よく見るYouTube広告(長崎)

最近私がYouTubeを見ている際に広告として表示されるのが「メンズエステ系」のYouTube広告です。
漫画広告系の動画の作りで、初回の価格がとてもリーズナブルに設定されているエステのようです。

安さをアピールされるため、一瞬で「怪しい...」と思ってしまいがちですが実際はそうではないと思いますし
実際に「脱毛」に興味があったり、悩みがあったりする人にとっては嬉しい広告の場合もあります。

この広告はターゲティングがされていて配信地域:長崎市,性別:男性,年代:●●代~」という感じで設定されていて私に表示されるているんですよね。

こうした「コンプレックス商材」の集客を目的とした広告配信が、長崎(地方)では多いように思っています。

怪しい広告?が増えたと感じる今だからこそ目立つ

先ほどは男性向けにターゲティングされた広告でしたが、長崎の女性向けにターゲティングされた動画広告は?
正直なところ、現状ではデータが取れるほど配信されている感じはありません。
もしかしたら一部の年齢、地域などすごくターゲットを絞った形で配信されている可能性はあります。

今の地方のWEB動画広告の現状ってそんなところで、そしてなんか怪しい?と思う広告が多く配信されている今だからこそ

地域柄に合った真面目でストレートに訴求する広告動画 などは 逆に今は効果的ではないかと思っています。

YouTube広告の変化について

少し前になりますが、YouTubeの広告は基本的に今は全てのチャンネルで配信されるようになりました。

詳細についてはここでは割愛させていただきますが、以前はそうではなかったんですよね。

「チャンネル登録者〇〇人以上で尚且つ、年間の総再生時間が〇〇時間以上のチャンネルしか広告が配信されない」という状態でした。

これが変わったんです。

Googleが「全てのチャンネルに広告を付けるように変更します」といった感じに変更したんですよね。

これでチャンネル登録者の少ない、今まで広告が表示されなかった小さいチャンネルでも広告が表示されるようになってしまいました。
YouTubeユーザーにとってはどんなチャンネルでも広告が配信されますので、鬱陶しく思ってしまいますよね。

でもこれは広告配信する側としては チャンスだな と思うわけです。

今まで広告が届かなかったユーザーに届く可能性

なぜチャンスかもしれないと思ったかと言いますと、今まではチャンネル登録者が少ないチャンネルばかりを見ていて
広告が全く表示されていなかったYouTubeユーザーに広告が届く可能性が出て来たんです。

チャンネル登録者が少ないチャンネルを熱心に見ている視聴者の方って、結構専門性の高いチャンネルを見ていたりしているんです。
専門性が高いが故にチャンネル登録者が少なかったりするんですよね。

そしてそこの視聴者さんに対して、広告が届くようになった。

しっかりとターゲティングし配信する広告にとってこれは悪くない傾向であると思っています。

長崎(地方)の集客にもWEB広告という選択肢を

コロナもあり日々進むWEBマーケティング。オンライン商談、オンラインセミナー。

長崎って正直まだまだWEBマーケティング戦略において、東京や大阪・福岡でうまくいったから長崎でもうまくいく!
そんなノウハウって当てはまらない場合がまだまだ多いと思います。
紙媒体での集客だったり、紹介なんかも多い。

でも確実に増えていっているのは間違いないんです。
ネットで検索して、YouTubeで動画で検索して。

今までの紙媒体での集客では届かない人たちに認知されたい、新たに集客したい。

そんな時は、YouTubeの動画広告を使ったWEB集客を選択肢として検討してみてはいかがでしょうか?

短い時間でサービスの魅力や商品の魅力を伝える動画広告を制作したい場合は、アニムブ長崎までご相談くださいませ。

バンパー広告についてはこちらから