YouTubeバンパー広告って?どんな業種が向いている広告なのか?

弊社が制作している動画広告の種類として、YouTube広告動画があります。
動画視聴時のいい所、クライマックスなんかの前にはいっているあの広告です。今日はそんなYouTube広告のうちの1つ『バンパー広告』についてです。

そもそもYouTubeバンパー広告とは

まずはじめに、YouTubeのバンパー広告ってなんなの?って話しを簡単に。

YouTubeの動画視聴前や視聴途中、それから動画視聴後に表示される広告のことです。その中でも『バンパー広告』と言われている広告は、6秒間のスキップできないあの広告のことです。

バンパー広告の最大の特徴はこの6秒という短い時間の広告と、さらにスキップできないというところでしょうか。

バンパー広告で得られるベネフィット
  • 広告想起率の向上
  • ブランド認知度の拡大・向上

上記二つが特に言われているバンパー広告配信のベネフィットです。

6秒という短いと思われがちな広告ですが、実際は強制的に見せられるスキップできない15秒の広告などに比べるとストレスなく集中して視聴してもらえます。

そしてこの6秒の広告を繰り返し配信することで、ユーザーの記憶に残りその結果、会社やお店・商品などを知ってもらうブランド認知へと繋がります。

バンパー広告運用での短所

バンパー広告を配信する上で注意しておかなければいけないのが、広告配信の効果測定が難しいということ。

クリック課金式の広告と違い、インプレッション課金といわれる表示回数におおじて広告費が課金されます。ですのでクリック率の検証などといった広告検証はできません。

さらに6秒という短い時間での配信のため、広告配信中にサイトへ誘導するバナーをクリックしてもらうことが難しいです。

クリエイティブな動画が効果的

バンパー広告の動画制作って実際はとても難しい。6秒という短い時間でユーザーにインパクトを残し、記憶に残させたい。そんな内容の動画を作ってようやく効果が。

たしかに何度も何度も広告配信していれば、認知はしてもらえますがそれと同時に、6秒の広告でもストレスも与えてしまいます。同じユーザーへの一日の配信の上限回数を設定し、訴求力・ブランディング力の高い動画の広告配信をすることが効率的で効果的になります。

そこにはプロの動画制作が必要になってきます。例え6秒でもナレーションが必要であったり、6秒のストーリーが必要であったりします。

どのような業種が配信するのに適しているのか

結論から言えば、どの業種でも配信することである一定の効果は勿論あります。ただし適しているのは、

BtoC向けのサービスを取り扱っている会社であったり、BtoC向けの商品を取り扱っている会社・業種での配信が適しています。

私たちのようなBtoBのサービスを提供している会社には少し不向きな広告配信といえますが、これはYouTube広告全般に言えることでもあります。

ですので結論としては、 BtoC向けのサービス&商品であれば、バンパー広告配信は選択肢の1つとして検討する価値はあります。

一番重要なのは、どのような動画内容にするか?

ターゲットの設定と結局この動画内容が重要ということです。